彼女に花を贈りたいけど枯れてしまうデメリット…

彼女に花を贈りたいけど枯れてしまうデメリット… 花をもらって喜ばない女性はまずいないと思いますが、出先であったり、すぐに帰宅できない状態で花束をもらったり、または花束が立派過ぎて手持ちの花瓶に飾りきれない場合など、困ってしまうことも多い生花の花束。
贈る時には最高に美しいのですが、数日経つと枯れて変色してしまうのも大きなデメリットの一つです。
贈る男性も、いただく女性も出来れば長い間、美しい状態を楽しみたいものです。
プリザーブドフラワーなら、生花の最大のデメリットである「枯れてしまう」点を消し去り、逆に生花のようにみずみずしい鮮やかな色合いを、枯れる事もなくずっと美しいまま楽しむことができます。
美しい花を美しい状態で贈ることで、部屋に飾ることで、お互いの喜びも長く続くことでしょう。
プリザーブドフラワーを贈った・もらった思い出とともに、いつまでも色鮮やかなまま飾って置けます。
思い出は色あせることはないとはいえ、やはり美しい花々に彩られた思い出の方が心に残ることでしょう。

記念日やホワイトデーのお返しにも使える

記念日やホワイトデーのお返しにも使える 記念日やホワイトデーのお返しにプリザーブドフラワーはいかがでしょうか。
生花だと花瓶を貰っても花瓶を持っていないといきなり貰っても困ってしまうことがあります。
また水替えも必要で、枯れてしまうとせっかく花束をもらっても悲しい気持ちになってしまいます。
そうならないためにも、花を贈るのであればブリザードフラワーにしましょう。
水分を抜いたとは思えないほど美しい姿の花で、カラーも豊富です。
保存ができるだけあり、デザインも様々です。
女性の好みの花や色でプリザーブドフラワーを作れば、喜ばれるでしょう。
水替えも必要のないので枯れてしまうこともありません。
直射日光と湿気に弱いので、そこに気を付けていれば何年も生花と同じように美しいです。
またプリザーブドフラワーはコサージュやヘッドドレスなどもあります。
少し値段は生花よりも高いものが多いですが、状態が良ければ10年程そのまま飾っておけるということを考えれば、値段が多少高いのも納得です。